RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

梅棒ブログ

JAZZエンターテイメントダンス集団「梅棒」のブログ
ブログお引越し!!
0
    ブログをアメブロさんにお引越しました!
    新しいアドレスは

    http://ameblo.jp/umebou-official/

    になります。
    お手数ですがブックマークの変更お願いします!

    お手数ですが!

    また梅棒舞台公演の最新情報もメッセージボードにアップしてあります!
    ぜひみにきてね!


    でわー
    | たくや | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    やっべえ
    0
      高校以来だ。


      また好きになる日が来るとは



      | たくや | 03:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      胃腸炎
      0
        梅棒というチームはこれからどこへ向かうのか。

        仕掛け人伊藤今人の夢から始まり、いろんな人間がのっかりのっかり作り上げてきたエンターテイメント集団。



        その伊藤今人の夢「JAPAN DANCE DELIGHT」



        そこにしっかり結果を残した今、梅棒はどこにむかうのか。




        そんなこんなで梅棒打ち上げ!!
        大阪まで同行し、衣装を最後まで手直してくれたのりこさんを交え
        男9女1の超身内宴会の開始。

        梅棒の歴史を振り返りつつ、みんなの曖昧な記憶を掘り下げつつ、だれとだれが昔付き合ってただの高校生のような話題に盛り上がる。

        が、しかし梅棒はみんな改まって集まると飲みの席でも話がナーバスなほう、シリアスなほうに転がってしまう不思議な団体。

        前回のTOKYO DANCE DELIGHTの時もなぜか日ごろのうっぷんを晴らすような、さらに「ダンス的にもう頭打ちだよね。」といわれるようなどんよりとした会になる傾向があります。


        この日も新メンバーのKAZUYAによる質問タイムから、梅棒にとって切っても切れないツライお話がスタート。
        内容は割愛ですがどんより空気で所定時間の2時間が終了。



        くすぶって終わった男達は日を改め稽古を途中で強引に切り上げ、また打ち上げを行うのでした。


        そこで話された梅棒の今後。

        ・いままでのようにストリートダンスシーンに関わり続けるか。
        ・チームを売りまくってメジャーなメディアへの進出を狙うのか。
        ・社会人の趣味の範囲でクオリティの高いものを目指すのか。
        ・やるならとことんやりたい。
        ・もう一度「JAPAN」を目指すのか。
        ・つぎこそ本気で優勝を目指すのか。
        ・とにかく面白いことをやりたい。
        ・人にメディアに注目されることをやりたい。
        ・梅棒という団体を糧にそれぞれの世界で飛躍ができるように。
        ・場合によっては会社を辞めていただきます。
        ・人に「見せる」ということにおいての真剣さ、こだわりは捨てたくない。
        ・なにやるにせよダンスが今より下手になるとかありえない。
        ・とにかくみんなと一緒にいたい。
        ・とにかく面白いことにのっかりたい。

        とかなんとか盛り上がりました。
        当面梅棒は皆さんの前に「JAPAN DANCE DELIGHT」にて披露したネタでお目見えします。
        そしてしばらく後、詳しくはまだ言えませんが舞台でお会いすることになるかもしれません。

        そんときは今と一風変わった、そして今以上の感動をお届けできると思ってます。


        そんなみんなでひとしきり「夢」を語ったあと、僕は急性胃腸炎にて倒れました。
        医者の話によると、断言はできないけど食中毒っぽいと。

        青魚の刺身には要注意だ!
        | たくや | 18:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        トップ画像の
        0
          俺の顔おかしくね?
          なんかやたら前のほうにでてきてみえないこれ?
          なんかショック。
          | たくや | 22:53 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          うむ
          0
            いやはや。

            大阪すったもんだがおわりそろそろ一週間がたってしまう様子です。
            まだ夢の中。
            たくやです。こんばんわ。

            全開の海女が削除されていて残念な限りです。

            そんなことより兼ねてより要望の高かった梅棒"TOKYO DANCE DELIGHT Vol.10"、奇跡の5位入賞ネタをアップしました。
            "ドウガ"のカテゴリからご覧ください。


            JAPANネタはとりあえずDVDまで我慢!



            梅棒はこれから9月、10月とショーにでていきます。

            そのため会場にあわせた構成変更中であります。

            これがまたーたいへんだー



            とりあえず30日は麻布WAREHOUSE!!


            ウェアハウス!?



            たいへんだ!w
            | たくや | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            プロのアマ
            0
              コレやべえだろ!

              伝統まもるとか

              かわいすぎるだろ!



              訛りたまんねぇ!







              おれも海女になる!
              | たくや | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              beat it
              0
                7/8ストックホルムで行われたMJの追悼集会。

                左下の茶色のジャケットの男性に注目。
                最初は一人で踊ってるのですが、1人、また1人と増えていきいつの間にかとんでもない人数に。

                むかーしダンス連盟の余興で300人ビートイットをやったことをちょっと思い出したけど、これそんなレベルじゃないよね。
                しかも仕掛け人と思われるこの茶ジャケの男性すげーカッコイイ。

                キレキレだし多分イケメンやね。





                いやーげんきでるねこれ。
                携帯の方はゴメンね。
                家帰ってからぜひ見てね。
                なんかこみ上げてくるものあるからぜひみてね。
                | たくや | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                注目すべき日本人ダンサー
                0
                  "Kento Mori"という日本人ダンサーがいます。

                  彼は12歳でマイケル・ジャクソンと出会い、21歳でダンサーを夢見て単身渡米。
                  だが渡米したもののマイケルはソロ30周年を祝う01年のコンサート以降大規模なコンサートは行っておらず、彼はマドンナのオーディションを受けることとなる。
                  そして、マドンナのツアーダンサーとして、唯一アメリカでのオーディションから勝ち上がった日本人ダンサー「Kento Mori」は契約にも合意する。
                  だがその後、マイケルのロンドン公演のオーディション話が彼に飛び込んで来たのだ。そう、あのリハーサルのみで終わったマイケル・ジャクソン最後のコンサートだ。
                  「マイケルと仕事する事を夢見て、それを目標にここまで来た。 これを失ったら、アメリカにいる意味まで失ってしまう。」そう決意した彼はマドンナとの契約金を返上する覚悟でマイケルのオーディションにチャレンジする。

                  マイケル・ジャクソンのオーディションは選ばれたダンサーのみが受ける事を許されるオーディションであり、誰もがチャレンジ出来る道ではない(今回は世界中でたった500人しか受ける事が出来なかったという)。
                  その上、マイケルのラストの仕事と告知されていたロンドン公演。「Kento Mori」にとっても正にラストチャンスであった。

                  そのラストチャンスを「Kento Mori」はゲットしてしまったのである。
                  それも、マイケル本人による他のダンサーよりいち早くの抜擢であった。

                  夢は叶ったようにも思える。
                  しかし物語はこれからなのだ。

                  結局「Kento Mori」はマイケル・ジャクソンと契約する事は出来なかった。
                  彼自身もマドンナに直接メールをするなど双方の調整に努力し、これもまた異例の事ではあるがマイケル本人がマドンナ本人に直接電話をし「Kentoを使わせて欲しい」と交渉したが、それすらもマドンナには通用しなかった。
                  マドンナもまた「Kento Mori」を必要としており、マドンナはプロフェッショナルだったという事でもある。彼はマドンナのバックダンサーとして踊るしかない状況となったのである。

                  そこで舞い込んだ「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソンの訃報。

                  マドンナは直前に急遽プログラムを変更しマイケルとマイケルを夢見て生きてきた「Kento Mori」の為にスペシャルプログラムを組んだ。
                  マイケル・ジャクソンの扮装をさせ、マイケルの名曲「Billie Jean」や「Wanna Be Startin’ Something」に合わせ、「Kento Mori」にソロダンスを踊らせたのである。

                  そしてその動画を公式サイトのトップページに掲載するという事までマドンナは行っている。マドンナの男前っぷりと優しさにも感嘆するところだ。

                  このようなストーリーはフィクションであったら「出来すぎで萎える」レベルかもしれない。しかしこれは現実だ。
                  マイケル・ジャクソンはもういない。夢はもう形にはならない。しかしそれでも、「Kento Mori」には、また更なる「出来すぎで萎える」くらいのストーリーを描き出す、そんな活躍を期待して止まないのだ。記事全文

                  Kento Mori

                  今注目すべき日本人ダンサー。

                  かと。



                  | たくや | 23:50 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                  受け入れられない現実。
                  0
                    昨晩


                    稽古後


                    入浴中



                    顔洗って

                    ふっと鏡みたんですよ



                    そしたらおでこの上の方に毛が一本生えてたんです


                    こんなところに元気な毛が一本



                    ただね、どうみてもね






                    若い毛ジャナインデス



                    生エテキタトイウヨリモ



                    周リガイナクナッタトカンガエタホウガ



                    シゼン ナン デス




                    つむじ側 バッカリ キニシテテ 
                    キガツカナカッタ ト カ


                    モウ




                    ナキソウデ
                    | たくや | 14:18 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                    おなかが痛い。
                    0
                      だから病院いってレントゲンとって
                      「なんにも異常はないんですけどねぇ・・」

                      っていわれて4000円とられたたくやです。
                      ちょいと、本番かぶってしまって遅れました。
                      お疲れ様ワタシ。


                      さて、そんなこんなでダンスカンパニーMKMDC主催の公演
                      「おりちか4」
                      に、つるちゃん、たっちゃんと3人で出演して来ました!

                      それぞれ一曲のみで、他の出演者と比べて余裕かましまくりの梅棒でした。
                      たっちゃんに至っては最初の曲に出演。
                      その一曲のみなので、開演15分後には打ち上げ会場に向かっているといったなんとも空気の読めないヒトでした!

                      今回のワタシの役ドコロはずばり「ブリキ」。
                      なんのこっちゃと思いますが、ブリキってあれですね。
                      オズの魔法使いのブリキですかね。

                      個人的ダンスのテーマは「どんどん堕ちる人間の弱いトコロ」。
                      アニメーション+モダン寄りJAZZでそこらへんの表現をしました。

                      新しい試みでしたが、見に来てくれた邦博akaダスキン西川によると、
                      「まるで人間じゃなかった」

                      だそうです。
                      うれしいです。ほめ言葉です。

                      そして、本日7/3、そのダスキン西川氏のライブを見に行ってきました。
                      「エイスデヨバンズ」
                      っていうんですけど、最近はいろんなロックフェスのオーディションうけまくってことごとく落ちていってちょっと塞ぎ気味だそうです。
                      歌っているのが落合akaピ○サロ仙人。
                      暑苦しいんです。なかなか。

                      個人的にはかっこつけて中身ないのが一番キライなので、こういう暑苦しいところはいいです。すきです。
                      知りあいひいき目もありますが、応援してますw
                      どうぞ梅棒とともにごひいきに。



                      | たくや | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |